手筒花火の歴史
昔、尾張国 津島神社で
6月14日に祭りが行わ
れていたそうです。その
時に、平七と言う人が、
悪い病気がなくなるよう
にという願いを込めて花
火をあげたのが手筒で
す。花火の始まりだそう
しかし、文久2年に、お
金がかかるという意見が
出て、やめることになり
ました。その年、せきり
病という病気がはやり、
その後の年は、1年もか
かかさず花火をやってい
るそうです。
なので、手筒花
火はただあげて
いるのではなく
病気にもかから
ないためにもや
ります